Top  HongKong

2007.09.03 Monday 00:43

第65回世界SF大会NIPPON 2007(9月2日)

3日目「ゲスト・オブ・オナー デイヴィッド・ブリン」→「星雲賞授賞式」→サイン会→「本屋パネル 第5回」→「田中芳樹の全仕事」

●「ゲスト・オブ・オナー デイヴィッド・ブリン/Guest of Honor David BRIN」
企画の始めに実行委員長の井上さんがやってきて、ブリンに贈り物をしていました。何でもオープニングで渡すはずだったのが段取り悪くて渡せなかったから、とのこと。中身は高そうな石の印鑑と朱肉でした。上の写真はハンコを手にご満悦のブリンさんです。
「過去を敬うということは過去にひざまずくことじゃない、祖先から受け継いだものをより良く変えていくことだ」「頭の固い人々は変化を恐れる」「SFは良い未来も悪い未来も描ける。良い未来であれば目標になるし、悪い未来は戒めとできる」……うろ覚えで申し訳ないですが、こんな内容のお話を熱く熱く語ってくれました。オープニングで「SFは人類が変化していくことを表現した文学」と仰っていたそうですが、それに繋がる講演だったのだと思います。

●「第38回星雲賞授賞式/38th Seiun Award Celemony」
自由部門を受賞したJAXAの人が相変わらず困惑気味で素敵。D・ブリンのサイン会のために途中で抜けてしまったので見られませんでしたが、特別賞が米澤嘉博さんに贈られたそうです。漫画界よりもSFファンダムの方が米やんを評価しているということか。

サイン会場では、田中芳樹さんとブリンさんが並んでサインをしていて夢かと思いました。ていうか、夢だったのかな。じゃなきゃ有り得ないもんね。
ブリンさんには知性化シリーズの文庫本にサインをもらいました。朝もらったばかりのハンコも押してくれた。いっしょに写真も撮ってくれて握手もしてくれて、サービス精神が溢れて大氾濫起こしてるような方でした。ありがとうブリンさん!ありがとう大会スタッフ!ワールドコンありがとう!これを心の糧として今後の人生を生きていきます!(パクリ)

●「本屋パネル第5回/The Bookstore Panel No.5」
見たい企画が重なっていて、迷ったあげくにちょっと遅れてコミケ企画へ行ったら、満員御礼で入室すら断られてしまいました。誰かレポをアップ…しないか、あのテーマじゃ(泣。
で、本屋パネルへ。
どうしても話が暗い方に流れてしまうのを聞いていると、状況の厳しさが思いやられます。本屋パネルを拝見するようになってから、なるべくですが、地元の本屋で買うようになりました。

●「田中芳樹の全仕事/The works of Yoshiki Tanaka」
スライドで年代順に作品を振り返りながら、当時のエピソードを田中さんに語ってもらう企画。
とりあえずスーパーダッシュ文庫版の「ウェディング・ドレスに紅いバラ」の表紙は田中さんの趣味ではないと分かって安堵しました。田中さんもびっくりだったそうですが、本文読み直してどこにも”主人公は巨乳ではない”とは書いてなかったので、まあ良しとしたそうです。うん、まあほら、読者層が広がるのはいいことですよ、たぶん。

某作家「あそこの編集者は、作家は〆切を守るものだと思ってるんだよ!」
田中氏「それはとんでもない話ですね」

以前、講談社の”痛快世界の冒険文学”というシリーズで世界の有名な冒険小説を一線で活躍している作家がリライトするという企画があって、普段児童文学を書いている作家さんと、大人向けのエンタメ小説を書いてる作家さんが半々くらいの割合で参加していたそうです。その際、児童文学の作家さん達は皆〆切を守ったというのに、「運命」を担当していた田中さんをはじめ、大人世界の住人達ときたら……。上はその時の某ハードボイルド作家さんとの会話。
右往左往
author : 遠野 | comments (14) | trackbacks (0)

2007.09.02 Sunday 23:28

第65回世界SF大会NIPPON 2007(9月1日)

2日目「本がわたしの家を飲み込んだ」→「おぼろげ絵画教室」→「宇宙船レッド・ドワーフ号Sleeping Quarters」→「ハッブル宇宙望遠鏡から見た宇宙」→「ヒューゴー賞授賞式」

●「本がわたしの家を飲み込んだ/The Books Ate My House」
英語企画でしたがテーマが余りにも分かりやすかったので参加してみました。前の方にパネリストはいましたが、グループディスカッションのような雰囲気が英語圏ぽくて面白かったです。
もちろん英語はさっぱり分かりません。でもホントに面白かった。
本好きの悩みは万国共通。家が本で埋まり、家人には白い目で見られ、それでも本屋があれば入らずにはいられない。悩みを話しているはずなのに、皆ものすごく楽しそうでしたよ。

●「おぼろげ絵画教室/Dim Drawing Crass」
初めて参加したんですが、パネリストだけじゃなくて参加者も描くんですね!(強制ではないので描きたくなければ描かなくてもOKのようです。)
参加したお題は「吾妻ひでお」、「ヨーコ(グレンラガン)」、「デスラー総統」。一番うろ覚えだった「デスラー総統」が意外に好評でした。「似てる!」って言われても、描いた本人が似てるのかどうなのか分からない。本当に似てるのか?何か騙されていないか皆さん。
チャンピオンは、間違いなくクレームがきそうな「モ○ナモドキ」でした。
こういう企画こそバイリンガルでやってほしかったなあ。(代打企画だそうなので準備期間がなかったんだと思いますが)

●「宇宙船レッド・ドワーフ号Sleeping Quarters/RED DWARF Sleeping Quarters」
NHK放映時のカットシーンを集めた上映会でした。懐かしい!

●「ハッブル宇宙望遠鏡から見た宇宙/The Universe as Seen from the Hubble Space Telescope」
バイリンガルとのことでしたが説明は全部英語。スライドに少し日本語を入れてくださっていたので、あんまり問題はなかったですが説明が分かればもっと面白かったんだろうなあ。
始めにハッブルの仕組みを説明した後、太陽系→恒星系の形成→超新星→銀河→銀河の衝突→超銀河団と、順を追って説明しながらハッブルが撮影した画像を紹介していました。

ヒューゴー賞トロフィー●「ヒューゴー賞授賞式/Hugo Awards Ceremony」
ヒューゴー賞ってそれなりに権威のある賞なんでしょうか、受賞者は皆さんフォーマルで、立派な授賞式でした。星雲賞のぐだぐだ感もいいけど、こういうのもいいなあ。
司会は大森望さんと、ジョージ・タケイさん。私はスタトレをほとんど見ていないので、ジョージ・タケイさんのことも存じ上げなかったのですが、声の良い、素敵な方でした。
ヒューゴー賞では例年ロケット型のトロフィーが受賞者に贈られるそうなんですが、今回のトロフィーデザインは何と海洋堂!一瞬、ガレキのトロフィーで「自分で組み立てよう!」だったらどうしようと思いましたが、ちゃんと…したトロフィーでしたよ。写真はワールドコンの紹介ブースに展示されていた歴代トロフィー。
過去1年の間に亡くなったSF関係者を追悼する時間があったのが印象的でした。結構な人数だったので、それだけ高齢者が多い、つまり歴史が古いということなんでしょうね。自分が知ってるのはヴォネガットくらいでしたが。

夕飯を食べたあと、インターコンチネンタルホテルでやっていたRoom Partyを少しだけ覗いてみました。小松さんと柴野さんのツーショットが見られて嬉しい。これに野田大元帥がいてほしかった…。
知り合いにくっついてノルウェー部屋に入ろうとしたものの、余りの混みように断念。すごい人気だよノルウェー!
コミケ部屋も人でいっぱいだったので早々に退散しました。全室禁煙だったので、もし米やんがいたら大変だったかも。
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)