Top  HongKong

2010.09.22 Wednesday 23:00

アンコール遺跡探訪記・2日目-2

angkor13.jpg一旦シェムリアップの街へ戻ってお昼ごはん。
リーリーレストランで牛肉のロックラックを食べました。これがまた美味しい!
カンボジアのご飯はくせの強い香辛料や香草がはいっていなくて食べやすいです。
angkor12.jpg日本人と味覚が似てるのかなあ……と思っていたら、前の席にいたお兄さんが焼き飯にこれでもかってくらいチリソースかけて食べはじめた。(後日別の人がやってるのも見た。)
うーむ…。

アンコールの遺跡の素材は主に3つあります。
レンガ、砂岩、ラテライト。
それぞれの素材で風合いや印象が変わるのが面白い。
カンボジアは山が少ないので岩や石を手に入れるのは大変だったようです。
ゆえに昔のものはレンガで造られたものが多く、崩れやすいのだとか。

angkor14.jpg午後1つ目はバンテアイ・スレイを訪れました。
砂岩で作られたこぢんまりとした遺跡です。
ピンクがかった色合いとあいまって、女性的で可愛らしい印象を受けます。

ここバンテアイ・スレイは細かいレリーフが残っていることで有名です。
中でも有名なのは”東洋のモナリザ”と呼ばれるデバターのレリーフですが、保存のためかあまり近くに寄ることはできませんでした。
angkor15.jpgそして数あるレリーフの中で気に入ったのはこちら。シヴァ神、奥さんとお出かけの図。
角度の加減で牛の瞳がつぶらに見えてかわいいのです。

ちなみに牛の名前はナンディ君というそうですよ。かわいい。

angkor16.jpgバンテアイ・スレイから戻ってプレ・ループとタ・ケウを回りました。
どちらも高さのある遺跡です。
夕刻近かったのでプレ・ループは日没待ちの人たちが集まっていました。
夕日の鑑賞スポットはいろいろあるみたいで(プノン・バケンが有名ですね)ここもその一つのようです。
この日はとうとう雲が晴れることはありませんでしたが…。


angkor17.jpgタ・ケウは思っていたより高い建物で、ものすごい急な階段を登りました。
てっぺん付近で2、3歳くらいの子供を連れた親子がいましたが、どうやって登ったのか…。
この頃にはいい加減日も落ちてきていたので、ろくな写真がないのが残念です。
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2010.09.22 Wednesday 21:48

アンコール遺跡探訪記・2日目-1

angkor10.jpgアンコール・ワット手前のチケット売り場。
遺跡に入る時は必ずチケットのチェックがあります。
首からさげるチケットホルダーがあると便利。

9月22日。この日は朝から雨模様でした。
雨季なので覚悟はしていたんですが、幸いこの日以外は良いお天気でした。

angkor11.jpgなんでも今年は雨が少なくて農家は大変なんだそうです。
確かに所によってはほとんど水の張ってない田んぼがあったりして、旅行者としてはもちろん晴れてる方が良いですが、手放しでは喜べません。
まあ足元がぬかるむのを気にしなければ、雨に佇む遺跡もおつなものです。
angkor06.jpg午前中はロリュオス遺跡群をまわりました。
ロリュオス遺跡群が作られたのはアンコール・ワットより100年ほど前。ジャヤヴァルマン2世という王様がこの地を首都としていた時代です。アンコールの遺跡はほとんどが神仏や先祖を祀るためのものですが、王によって信奉する宗教や神様が違うのだそうです。

1つ目のプリア・コーはシヴァ神を祭った寺院で、寺院の前にはシヴァ神の乗り物である牡牛が座っています。(なのでシヴァ神にお尻を向けずに向かい合って座ってるんだって。)

angkor07.jpgヒンズー教徒にとって牛は神聖なものですが、では今のカンボジア人にとっては何かというと、大切な働き手であるようです。シェムリアップを少し離れると農村が続いているのですが、たいていの家に一頭は牛が繋がれていました。遺跡の周りでも犬の散歩は見なかったけど、牛の散歩に遭遇することは何度も。
ある遺跡じゃ逃走中とおぼしき牛が首の紐をなびかせて疾走していったっけ…。どうなったかな、あの牛…。
そうそう水牛も見ましたよ!
右の写真は2つ目のバコン遺跡にいた牛です。


angkor08.jpgバコン遺跡全景。


angkor09.jpg3つ目のロレイ遺跡は昔は貯水池の中にあって、寺院へは船で渡っていたそうです。
入り口が船着場のようになっていました。
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2010.09.21 Tuesday 22:14

アンコール遺跡探訪記・到着編

9月にようやく念願のアンコール・ワットへ行ってきました。
ひたすら遺跡を見てきただけなので興味がない方にはつまらないかと思いますが、備忘録がてらエントリを残します。

angkor01.jpg9月21日。
この日は移動のみ。ホーチミン経由でシェムリアップへ。
ベトナム航空は、まあ、食事も含めて普通だと思います。女性CAの制服がアオザイなのが素敵でしたね。写真撮らせてもらえば良かった。

ホーチミンでの乗り継ぎ待ちは1時間半程だったのであっという間でした。出発ラウンジの上の階にカフェやお土産屋さんのエリアあって、カフェ(イリー)の周りはWiFiが捕まえられるのでPCを開いている人もちらほら。
あと、ホーチミン空港は街の近くにあるみたいで、着陸の直前に街並みや、街の中の河を船が行き交う様子が良く見えて面白かったです。
angkor02.jpgホーチミンからシェムリアップまでは両側2席ずつの小さな機体で1時間程のフライト。サンドイッチとお水をもらって、入国カードやら税関のカードやらを記入しているうちに、これまたあっという間に到着しました。
シェムリアップ空港の建物は最近建てられたものなんでしょうか、こぢんまりとしていて可愛らしい建物です。
入国審査の手前にはビザカウンターがありますが、自分は事前に取得していたのでここはスルー。入国審査も特に問題なくクリア。前に並んでた白人さん二人組はビザがないって突っ返されてたっけ。
外にでると、これから5日間お世話になるガイドのサロンさんが待っていてくれました。車の中で今後の予定を説明してもらい、この日はホテルまで送ってもらっておしまいです。

angkor03.jpgホテルへ入ったのが夕方だったので、少し休憩した後晩ご飯を食べに出ました。
シェムリアップの治安は、シヴォタ通りなどの大通り沿いで、かつ、あからさまな隙さえ作らなければ21時くらいまでなら一人歩きでも大丈夫と思います。人通りも多いし。
ただし客引きが多いのには参った…。これは人によって様々だと思いますが、自分は苦手です。なんというかこう、断ると悪いことをしたような気分になってしまって…。そんな必要ないのは重々解っていてもどうしてもだめですね。それさえなければ快適な街歩きができそうでした。
今回の旅ではあまり街歩きの時間をとれなかったこともあって、シェムリアップの街そのものを好きになるまでは至らなかったのが心残りの一つです。
angkor04.jpgで、晩ご飯ですが、オールド・マーケット傍のクメール・キッチンでアモックを食べることにしました。
アモックはカンボジアの名物料理で、魚のココナッツミルク蒸しです。
ホテルの前で客待ちしていたトゥクトゥクの運転手にオールド・マーケットに行きたいと伝えると、最初に出してきた料金がなんと$3!
歩いてもいける距離の場所に$3はありえんわー、とスルーしようとすると、$1ならどうだというので乗せてもらうことにしました。
ちなみに次の日にも同じおっちゃんにオールド・マーケットまで行ってもらいましたが、凝りもせず$2とか言ってきましたよ(笑。

クメール・キッチンはガイドブックでよく紹介されているだけあって、日本人客が多かったです。
アモックは魚が少し泥臭い感じがしましたが、自分はそれほど気にならなかったです。美味しくいただきました。
ただ、淡白な味なので、アモックだけだと飽きるかな。複数人、もしくはもっとお腹が空いていたらもう一品何か欲しいところでした。

angkor05.jpg食後はナイト・マーケットをひやかした後、ホテルまでぶらぶら歩いて戻りました。ナイト・マーケットは思った以上に広くてお店が多かったです。
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)