Top  HongKong

2007.12.31 Monday 23:09

2007年私的漫画ベストテン

特にハマった漫画はなかったんですが、良作揃いの年でした。
しかしモーニング&アフタヌーンばっかりだなあ…。面白い作品が多かったのは確かですが2008年はもうちょっと守備範囲を広げたいもんです。

  1. 聖☆おにいさん/中村光
  2. 皇国の守護者/伊藤悠 佐藤大輔
  3. スーの家 中学生編/広田奈都美
  4. おおきく振りかぶって/ひぐちアサ
  5. 天顕祭/白井弓子(同人誌)
  6. Danza/オノ・ナツメ
  7. Landreaall/おがきちか
  8. 吉田家のちすじ/中島守男
  9. ピアノの森/一色まこと
  10. トライガン・マキシマム/内藤泰弘

続きを読む>>
漫画
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2007.12.10 Monday 23:24

幕末ニッポン ハリスと黄昏の大君の都/たばこと塩の博物館

やたらと”読みごたえ”のある展示でした。
展示室自体はそう大きいわけでもないのに、情報量がすごい。
真面目に全部読んだら時間がかかりそうだったので、ある程度読み飛ばしながら観てたんですけど、それでも隅から隅まで観るのに1時間ばかりはかかったでしょうか。

2008年は、日米修好通商条約の締結から150年目となります。
今回の展示では初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリスの来日から、開国をめぐるいろいろな出来事、外国と日本の関わりを通して幕末期を俯瞰できる展示内容となっていました。
続きを読む>>
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2007.12.02 Sunday 23:08

コイル最終回、とか

今年はアニメのあたり年でした~(自分にとっては)。テレビも映画も。

「大江戸ロケット」は毎回毎回とばしすぎなネタの数々に呆然としてたし、はっちゃけぶりでは負けてなかった「ハピ☆ラキ ビックリマン」も小さいお友達がついてこられたかどうかはともかく往年のビックリマンファン、特に神帝ファンとしては楽しませてもらいました。「グレンラガン」はアニキのあまりの格好良さに号泣して、最終話のタイトルでさらに嬉し泣き。最終話のタイトルといえば「地球へ…」も良かったけど芸能人にガンダム語らせてる暇があったらもう一話やれ(怒。
そして何といっても「電脳コイル」。
後半は毎週のようにテレビの前で固まってましたよ。毎回毎回すごい引きなんだもの。
最後はリアル>>>バーチャルみたいなありきたりの結論でなくて良かったです。リアルだろうがバーチャルだろうが大事なのは痛みを感じる心であると、子供達に伝わったのならいいんだけど。
あと最終話の原画が豪華すぎて笑ったw

いい歳していつまでもこんなにアニメとか好きでいいんだろうかと思ったりもしたんですが、いや良かったですよ、アニメ好きで。大好きで!!
続きを読む>>
アニメ
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2007.12.01 Saturday 20:38

幕末散歩(聖蹟桜ヶ丘)

聖蹟記念館1紅葉に埋もれた旧多摩聖蹟記念館。どんぐりがぼたぼたぼたぼた降ってました。

天皇が訪れたことのある場所を聖蹟というんだそうです。記念館のある連光寺は、何度か明治天皇の行幸があったところで、昭和5年に田中光顕によって記念館が建てられました。
写真では地味な印象を受けるんですが、実際に見てみると昭和初期に建てられたと思えないようなモダンで不思議な雰囲気の建物です。
記念館には田中光顕のコレクションをもとにした維新関係の書画や書簡が収蔵されていて、そのいくつかが常設展示されています。ちょうど年に何度かの企画展示をやっているところで、普段は展示されていない掛軸や書簡が展示されていました。
由来が由来ですから、当然倒幕に功のあった人たちのものが多い中、何故か高島秋帆先生や江川坦庵、川路聖謨の書画もコレクションされています。(今回は残念ながら展示されていませんでしたが。)
聖蹟記念館2記念館へ向かう途中に「対鴎荘」というバス停があって、どこかで見た名前だなあと思っていたら、白鬚橋のたもとにあった三条実美の別荘が移築されたのが連光寺だったんですね。
白鬚橋の案内板には移築されたとしかなかったので、てっきりまだ現存しているのかと思っていたのですが、老朽化でとうに取り壊されているそうです。
残念ですが仕方ないんでしょうね。史跡を保存することの難しさが思いやられます。そういえば記念館の入館料が無料だったんですが、大丈夫なのかとちょっと心配になってしまいました。

京王百貨店に銀座菊廼舎(きくのや)が入っていたので揚げまんじゅうを買って帰宅。あーやっぱりうまい。やばい。
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)