Top  HongKong

2007.11.28 Wednesday 00:19

幕末散歩(品川・もうひとつの涙橋)

旧東海道沿いに旧跡を訪ねてみました。

品川寺(ほんせんじ)の向かいにある釜屋跡。鳥羽伏見の戦いで敗れた後、江戸に戻った新撰組が滞在した宿です。案内板によると、本陣のような立派な作りの宿で、幕府の御用宿として使われたことも多かったようです。

shinagawa2.jpg京急線青物横丁駅から隣の鮫洲駅までは歩いてもそんなにかかりません。途中の海晏寺には岩倉具視や松平春嶽、由利公正などのお墓があるそうですが、公開はされていないようなのでパス。鮫洲駅から第一京浜にかかる歩道橋を渡ると大井公園の入り口がありますが、入り口を入らずに左手の奥のほうへ行くと、立会小のすぐそばに山内容堂公の墓所がありました。幕末の四賢侯の一人、土佐藩15代藩主山内豊信。倒幕の一翼を担った土佐藩ですが、容堂候自身は幕府擁護派でした。
そのどっちつかずな態度がいろいろな悲劇の要因になったのかもしれません。だとしてもなんとなく憎めない人です。このあたりは土佐藩の下屋敷があった場所で、容堂候の遺言によりこの大井村の下総山(土佐山)に葬られたということです。

shinagawa3.jpg京急線で一駅、立会川駅で下車して旧東海道に出ると、立会川にかかる浜川橋があります。別名涙橋。南千住の小塚原の前にあった『泪橋』と同じく、刑場に向かう最後の橋であるところから涙橋と呼ばれたそうです。

渡って少し南へ歩くと鈴ケ森刑場跡。
処刑に使った土台などが残されているんですが、それより何より、無数に建てられている石碑に薄ら寒いものを感じました。まるで必死に何かを鎮めようとしているかのような…。
そういえば「新撰組余滴」に近藤さんがこのへんで野犬に襲われた話があったなー。しかも夜。夜中にこんな所を通ろうと考えるあたりが流石近藤さんというか。(でも犬には勝てなかったみたい。)
右往左往
author : 遠野 | comments (19) | trackbacks (0)

2007.11.25 Sunday 20:02

幕末散歩(谷文晁と新撰組探訪)

タイトルの組み合わせがおかしいのは気にしないで下さい…。

板橋区立美術館まずは板橋区立美術館で開催中の「谷文晁とその一門」展へ。私もこの歳になってようやく日本画の良さに目覚め…た訳ではありませんごめんなさい。あのう、江川坦庵さんもですね、いちおう谷文晁の弟子なので何か展示されてやしないかなー、と思ったんです。なかったですけど。でも交流のあった渡辺崋山の絵はありました。
谷文晁の画塾は「写山楼」といって、下谷二長町(今の上野公園のあたり)にあったそうです。坦庵さんも上野の山を歩いて通ったんですかねえ。

作品に添えられていた解説…というか一言コメントが良かったです。
例えば山水画なら歩いている人物に焦点をあてて、「山の上の家に帰るところでしょうか、大変そうです。」…という感じ。
日本画ってとっつきにくい雰囲気があって、何となく身構えてしまうんですけど、そっか、そういう見方でもいいのかと目からウロコでした。

近藤勇墓所 平五郎宅跡 試衛館跡
左から板橋駅前の近藤さんのお墓、沖田さん終焉の地と言われる植木屋平五郎の屋敷跡、市谷柳町の試衛館道場跡。
平五郎宅と試衛館は地図で見ると直線で3~4kmといったところでしょうか。近いといっていい距離だと思います。試衛館に近いこの場所で、沖田さんは何を思っていたのか…。
右往左往
author : 遠野 | comments (3) | trackbacks (0)

2007.11.23 Friday 07:04

雲間の光

久しぶりに、本当に久しぶりに紡木たくの新作が読めそうです。
編書房

紡木さんの、そう多くないお話の数々は、今でも全然色あせてなくって、それどころか私の中では年を追うごとにキラキラと輝いていくようです。
この光があればあんまり暗闇に迷い込まずにいられるんじゃないか。
ずっとそんなふうに感じていました。
こんな宝物みたいな漫画を残してくれたのだから、あとはもう紡木さんが幸せでいてくれれば、それでいいなあと思ってたんだけど、その紡木さんがまた何かを伝えようとしてくれている。
そのことがもう、とにかく嬉しい。

紡木さんの漫画についてはいつかちゃんと文章にしたいと思って何度も挑戦してるんですけど、いまだにまとめきれずにいます…。
漫画
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2007.11.08 Thursday 23:09

( д ) ゜ ゜

相手方のシステム管理担当にちょっと細かい質問をしたら「そんなもん知らんわ!!」と逆ギレ。

あー……

………?

…あれ…?私が悪いんだっけ…?…きっとそうだよね、お客様が悪いわけはないものね…システム管理者にシステムのことを訊いたのが悪いんだよね…?…えーと、ご、ごめんなさい……???
雑記
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2007.11.03 Saturday 20:29

地下展/日本科学未来館

今年の秋は観たい展覧会が目白押しで、毎週どこかの博物館か美術館に出かけています。今年中に行きたいのがあともう3つも4つも…。
ちなみに先週は東京大学総合研究博物館で月の石と、「スターダスト」が持ち帰ったビルト第2彗星の塵を見てきました。もっとも塵の方は顕微鏡越しでやっと認識できるくらいの大きさでしたけど。
地球以外の天体から、人類が自力で持ち帰った物質は今のところこの2種類だけ。3種類目をもたらすべく、今「はやぶさ」が地球から遠く離れたところで超頑張っているのです。
ところでホームズという彗星が大増光サービス中だというので見たいのですけれど、なかなかすっきり晴れてくれません。いま少しの間頑張っててくれホームズ彗星!

miraikan2.jpgなんの話だっけ。あ、それで、今日は科学未来館の「地下展」へ行ってきたんですよ。
たまたま無料公開日で、それは良かったんですが、来場者が多かったためにメガスターの上映が午前中で予約がいっぱいになってしまって見られませんでした。まあいいや、今日の目的は「地下展」だし。…と気を取り直して「地下展」へ。

miraikan3.jpg地下への扉、足元のマンホール。
展示は共同溝や地下鉄といった身近な「地下」から、洞窟、鉱脈、地下生物達の世界を経て、地球のコアへ到達します。
会場のレイアウトそのものが洞窟のようになっていて、その中をうろうろと彷徨いながら地球の深部へと導かれていくのです。ミクロからマクロまで、「地下」というキーワード一つでこれほどの広がりのあるものを見られるとは思いませんでした。てっきり共同溝とかがメインなのかと思っていたのです。(それはそれで見たくはありますが。)
空を見上げるのもいいですが、たまには自分の足元に広がる世界に想いをはせるのもいいかもしれません。(でも地球内部のことをつきつめていくと、宇宙がどうなっているかというところに繋がっていくから結局同じことなんでしょうけれど。)
miraikan1.jpgこちらはレストランの「地下展」限定メニューの地球型メンチカツ(笑。丸いメンチカツが地球で、ゆで卵がおそらく月でしょう。とすると周りの黒いソースは宇宙空間か。地球の中にはマントル(赤ピーマンのチーズフォンデュ)が入っていたり、宇宙空間にはちゃんと星がちりばめられていたりと必要期待以上に凝ったメニューでした。味はまあ…普通のメンチカツです(笑。

メガスターより見たかった国立天文台の「4D2U」は見ましたよ!立体の銀河系!立体の超銀河団!立体の銀河の大規模構造…(血圧急上昇中)!!上映後に「4D2U」の操作体験もありました。自分の手で宇宙の果てまで行けます。立体で!
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)