Top  HongKong

2007.09.24 Monday 01:30

幕末散歩(江差・其の一)

江差駅函館駅07:08分発、江差行き。
時刻表を確かめたあと、朝市でごはんにしました。わー!カニがいっぱいだ!きくよ食堂で海鮮丼をいただいたらイカの美味いこと美味いこと!イカもっと頼めば良かった。
江差までは約2時間半の旅です。多分江差まで乗ってた乗客は自分一人じゃないかな。大丈夫か江差線…。このへんの人はあんまり電車使わないのかしら…と思ったけど、そういえば北海道の人はほとんど車持ってるんだよね。ていうか車ないと生活できないよね。

開陽11866年(慶応2年)、幕府の発注によりオランダのエン・ゾーネン造船所で竣工した軍艦は、”夜明け前”を意味する「開陽」と命名されました。”夜明けの船”…「絢爛舞踏際」を思い出すなあ、何ていい名前だろう。榎本武揚らオランダ留学生を乗せて日本へやってきたのは慶応3年、大政奉還をめぐって幕府が揺れに揺れている真っ只中のこと。
ほどなく戊辰戦争が勃発し、開陽は脱走軍を乗せて函館へ。陸軍部隊を援護するために江差へ向かった開陽丸は、猛烈な嵐にあって座礁、沈没してしまいます。これが脱走軍敗北の大きな要因の一つとなりました。
復元された開陽丸の中には海底から引き上げられたものが多数展示されていました。引き上げ直後は腐食が激しかったようですが、一つ一つ丁寧に脱塩処理がされていて、綺麗な状態のものを見ることが出来ます。
開陽2売店で図録といっしょに「江差旅の本」というのを買ったんですけど、江差の歴史や伝説がコンパクトにまとめられていて面白かったです。これは行く前に読みたかったなー。
姥神大神宮という古い神社があって、最上徳内が江差へやってきた折に、神社に飾ってあった額の字を読み間違えて大変な騒動になったことがあるそうです。何やってんの最上徳内(笑
あと、鴎島の主は大ダコ(♀)で鴎島に嫁に来たんだそうですよ。大ダコの嫁!!何がどうなればそんな伝説が生まれるんでしょうか。
鴎島は、昔は本当に島だったそうですが、今は地続きになっていて歩いて渡ることができます。昔ニシン漁で栄えていた当時、江差の港は北前船で溢れていたそうで、船を係留した杭が鴎島のまわりに残っています。突端には幕府の砲台が設えられていたとのことですが、今は何もなく、朽ち欠けた東屋があるだけでした。
開陽丸終焉之地碑追分会館の裏に立つ開陽丸終焉之地碑。この場所の沖合い約100mのところに沈んでいるそうです。
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2007.09.23 Sunday 01:06

幕末散歩(函館・其の二)

千代ヶ岡陣屋跡中島三郎助親子最期の地、千代ヶ岡陣屋です。

市電の千代ヶ台駅で下車すると、すぐ近くに野球のスタジアムと陸上競技場があって、競技場の前のあたりに千代ヶ岡陣屋跡の案内板があります。
元浦賀与力中島三郎助──ペリーが来航した際、最初に交渉にあたったのがこの人でした。西洋兵学に通じ、下曽根金三郎から高島流砲術も伝授されています。西洋船の建造にも尽力し、浦賀で日本最初の西洋船「鳳凰丸」を作ったり、それがきっかけで戸田に行ったり、長崎の海軍伝習所の訓練生になったりもしています。勝海舟とはソリが合わなかったといいますが、実際どうだったんでしょう。日本の将来を憂いていたということでは変わりはないんでしょうけどね。勝さんも中島さんも、榎本さんも。
千代ヶ岡陣屋の守備となった中島三郎助は再三の降伏勧告にも応じず、とうとう5月16日、長男の恒太郎、次男の英次郎ともども討ち死にしました。脱走軍が降伏したのは二日後の18日のことだったといいます。
案内板から少し西のグリーンベルトの中に中島三郎助父子最後之地碑が立っています。

五稜郭千代ヶ岡陣屋から歩いて五稜郭へ向かいました。
自分の足で歩いてみると距離感がよく分かります。五稜郭に辿り着くころにはすっかりくたびれてしまいましたけど。
五稜郭では奉行所の復元工事の真っ最中でした。市立函館博物館五稜郭分館に展示されていた見取り図によると随分広い建物だったようですが、どこまで復元するんでしょうか。
安政元年、開港にあたって幕府は箱館を直轄地とし、箱館奉行を置くことにしました。同時に防衛強化のために弁天台場と五稜郭の建設が進められます。設計を担当したのは緒方洪庵門下であった武田斐三郎。石垣の工事を請け負った備前の石工・喜三郎という人は、品川台場の建設にも参加した人だそうです。へえー。それと建材は秋田の能代から持ってきたものだとか!へえー!思わぬところで故郷と関係する物事に出会うと嬉しいなあ。
ところで当時箱館奉行の一人であった村垣淡路守範正という人、後にポーハタン号で副使としてアメリカに渡った人でもありますが、初めて写真を見たらやたら美形でびっくりです。

六花亭五稜郭近くの六花亭にはカフェがありました。メニューは和テイストのスイーツが中心で、写真はおしるこフロートです。おしるこドリンクが甘さ抑え目でさっぱりしていて美味しい。
六花亭といえば私はアーモンドヤッホーが好きなんですが、何故か土産物屋の六花亭コーナーにはないんですよね。ここでようやく見つけました。作ってないわけじゃなかったんだ…。
普通のアーモンドチョコレートが何故「ヤッホー」なのかは永遠の謎ですが、とにかく一度食べ始めたらやめられない美味しさなのです。昔会社に持ってったら自分で一粒も食べないうちに空になっていたことがあるくらい。
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2007.09.15 Saturday 01:03

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

テレビで第一話を観た時の興奮は今も覚えている。
いわゆる”萌え”はなかったから同人誌やグッズにお金をかけるようなコアユーザではなくて、ただ普通にエヴァの物語と世界観が好きだった。
だからさんざんおたくを煽るようなことをしたあげくに、後足で砂をかけて物語をボロボロのまま放り出した製作サイドには腹が立ったし、砂をかけられたことにも気付かずに相変わらずエヴァを追いかけるおたく達にはもっと怒ってた。
今回だって、12年間エヴァ以上のものを作り出せなかったからといって、またぞろ使い古した原作で食いつなごうとする方もする方だけど、まんまとのせられて有難がってる方もどうかと思うわけだ。それこそ何を今更なんだよって感じだ。もう騙されるもんか。

いやしかし。それにしても。

面白れえなあああああああああ。
(すみません、素直に褒められなくて…。)

第一弾の今回は、テレビ版一話からヤシマ作戦までストーリーはほぼそのままだからつまらない訳がありません。加えて作画がえらいことになってます。エヴァも使徒もビルも動く動く!そうか、監督は単にこれが描きたかったのかと納得してしまうくらいに、作画おたくの本領が全開になっています。アニメーションの気持ちよさをこれでもか!というくらいに見せつけられました。

これでラストがTV版のまんまだったらいっそ面白いかもしれん。
エンディングは「Fly Me to the Moon」じゃなかったけど、かぐや打ち上げ成功おめでとう!
アニメ
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2007.09.12 Wednesday 23:59

幕末散歩(函館・其の一)

いろいろと予定が前後した結果、くしくも旧暦では函館戦争終結直前の時期に訪れることになりました。
まさかこの時期(6月)に北海道で日焼けするとは思っていませんでしたが、東京と違ってべたべたした暑さでなかったのは良かったです。
弁天台場跡ホテルに荷物を預けたら、まずは市電で終点のどつく前へ。
箱館戦争の際に新撰組が守備していた弁天台場の跡は、今は函館どつく株式会社の敷地となっています。正門前の碑の他には当時を思わせるものはありませんが、史跡ということを除いてもそりゃもう魅惑的な施設でございました。門から少しだけ見える建屋の数々がいかにも年代ものな感じでたまりません。施設見学ツアーとかないのかな…ないよね、普通の工場だもんね…。
街を歩いていると、遠くからでも「HAKODATE DOCK」と書いてある巨大な門のような構造物が見えるんですよ。ぜひあのふもとに行ってみたい。調べてみると門ではなくてクレーンだそうですが、ということはやっぱり船を吊り下げるんでしょうか?想像するとわくわくしますよね!ね?

傷心惨目の碑魚見坂を上って高龍寺へ行きました。
箱館戦争当時は箱館病院の分院として使われていたそうです。箱館病院の院長であった高松凌雲は敵味方の区別なく治療にあたり、新政府軍が病院へ乱入した際も身を挺して患者を守ったといいます。ところがこの分院では新政府軍よって多数の会津藩士が斬殺されてしまいました。その供養のために立てられたのが、境内にある「傷心惨目の碑」です。
墓所には勝海舟と親交のあった渋谷利右衛門や、写真家の横山松三郎のお墓があります。横山松三郎は高田屋一族と縁の深い人で、写真を(元浦賀与力の)下岡蓮杖に学んだそうです。
称名寺すぐ近くの称名寺の境内には新選組隊士のお墓があります。
また、墓地には高田屋一族のお墓がありました。高田屋嘉兵衛自身のお墓は晩年を過ごした故郷の淡路島にあるそうですが、こちらには高田屋を継いだ弟の金兵衛たちが眠っています。ちなみに高田屋の全盛期はこの金兵衛の時代であったそうです。
称名寺の隣は実行寺です。戦争終結後、野ざらしのままだった脱走軍の遺体を、実行寺の住職にかけあって埋葬したのが侠客の柳川熊吉でした。
さらにその隣の東本願寺函館別院船見支院には、弁天台場や五稜郭の設計者である武田斐三郎の夫人や、「函館丸」を建造した続豊治が埋葬されているとのことです。
蔵カフェ高龍寺、実行寺、称名寺とも幕末当時は別の場所にあったそうで、この後はしばらく当時あったと言われる辺りを巡ってみました。弥生小学校の前にある案内板には実行寺や称名寺が当時このあたりにあったという説明がありました。
写真は小学校の向かいにあった蔵カフェ。看板にハートを鷲づかみに……。ちなみに近くには蔵薬局(?)もあります。
咬菜園跡にも行ってみたかったのですが、あんまり欲張って疲れても楽しくないのでやめておきました。はなから3日間では全部まわりきれないのは分かっていたので無理はしません。また、次の機会に。

旧奉行所跡中華会館の前を通って基坂の方へ向かうと、旧函館区公会堂とロープウェーが見えてきます。
写真は公会堂の前にある旧奉行所跡の碑。五稜郭完成後は箱館奉行所は五稜郭内に移されていましたが、脱走軍の箱館占領後は、五稜郭にあった奉行所が軍司令部となり、箱館奉行所の業務は再びこの旧奉行所を使用したということです。や、ややこしい…。箱館奉行の永井尚志や、奉行並みの中島三郎助はこっちに通っていたんでしょうか。坂の上の函館の町が一望できる場所にありました。
近くにはペリーの銅像や、函館調所の跡、旧イギリス領事館があります。
旧イギリス領事館旧イギリス領事館のお庭はバラが花盛り。

お昼は函館駅前、和光デパートの裏にあるお蕎麦屋さんの丸南本店でいただきました。
明治24年創業。サイトによると、初代は前述の柳川熊吉の門下生(!?)であったとか。
お腹が空いていたので天ざるでも…と思いつつメニューを眺めていたら、”カニ天そば”というメニューが。カ、カニ天…!?って函館では普通なの??思わず頼んじゃったけど。
お蕎麦がすごく私好みで旨い。また食べたいなあ。…でも正直天ぷらはカニよりエビの方が旨いと思ry
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)

2007.09.04 Tuesday 00:49

第65回世界SF大会NIPPON 2007(9月3日)

月餅「クロージング」

(せっかくクロージングを見に行ったのにバッテリー切れのカメラを持ってったお馬鹿さんのブログですので、中華街で買った重慶飯店の月餅の写真をお楽しみ下さい。もうすぐ中秋節なのでいろいろな月餅がありました。写真はミルクあんの月餅、これは旨い。)

●「クロージング/Closing Ceremony」
ゲスト・オブ・オナーのD・ブリンさんとマイケル・ウィランさんは飛行機の時間がせまっているということで一番最初に挨拶して颯爽と去って行かれました。最後までショーマンシップ溢れる姿に脱帽です。ちなみにブリンは暗黒星雲賞・月曜版を受賞していました。副賞はお腹に「暗黒」って書いてあるだるま。

ゲストや実行委員長の感動的なスピーチの後、実行委員長の木槌を合図に第65回ワールドコン&第46回日本SF大会は閉会したのでした。

日本でワールドコンをやるなんてほとんど奇跡みたいなことを成し遂げたスタッフの方々、おめでとう。本当にありがとうございました。これをきっかけにして海外との繋がりが出来て、次に繋がったら素敵だなあと思います。
次回ワールドコンはデンバーで行われる「Denvention 3」。
次回日本SF大会は大阪の「DAICON 7」ですよ!
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)