Top  HongKong

2007.03.24 Saturday 21:03

幕末散歩(南千住-泪橋を渡って)

円通寺浄閑寺の新吉原総霊塔を見た後、日光街道を北に歩いて円通寺へ。上野の黒門、彰義隊士はじめ戊辰戦争縁の人達のお墓や、碑があります。松平太郎、小芝長之助、碑には榎本武揚、高松凌雲、荒井郁之助、大鳥圭介、澤太郎左衛門、新門辰五郎等の名前が。

黒門門に残るおびただしい弾痕。

橋本左内顕彰碑小塚原回向院は、小塚原で処刑された人々の菩提を弔うために、本所回向院の住職によって草創されたお寺だということです。
つい最近墓地が整理されたらしく、著名人のお墓は一箇所に集まっています。吉田松陰、橋本左内、桜田門外の変の浪士達、それから鼠小僧次郎吉、梅田雲浜、雲井龍雄の名前もありました。
写真は橋本佐内のお墓の傍らにある大きな顕彰碑ですが、移動の際にでも破損してしまったんでしょうか、補強されていました。碑には三条実美の名前が見えます。
少し先の延命寺にはやはり刑死者を供養する、「首切り地蔵」があります。

泪橋そこからさらに南へ少し行ったところが「泪橋」。

泪橋交差点写真は歩道橋から見た泪橋交差点です。
こちらのサイトによると、昭和の頃にはとっくに橋はなかったようですね。(泪橋の由来なども詳しく調べてらっしゃるサイトです。吉田松陰も泪橋を通ったのかな…。)
もちろん「あしたのジョー」は作り話だし、丹下拳闘クラブは存在しません。しかし、あるいは史実よりも確かな存在感でファンの心に在り続けるのが矢吹丈という人です。(というわけで(?)、今日はETV特集「あしたのジョーの、あの時代」の放映日です。楽しみ!)
玉姫公園も行ってみたいですが、どうやら見学するというような雰囲気ではなさそうなのでやめておきました。
泪橋(歩道橋)を渡って、隅田川まで行くと、白鬚橋のたもとに対鴎荘跡の碑があります。三条実美の別宅だったそうです。


<番外>
東京ガス白鬚橋の近くにあった東京ガスの天然ガス充填所という所。ガスタンクのあまりの大きさに遠近感が変になります。端の方に写ってる建物が10階建てくらいなんですが、明らかにそれより大きい。ガスタンク萌え(「燃え」を使うと字面が大変なことに)の人にはたまらんのでしょうか。それにしてもでっかいなー。
右往左往
author : 遠野 | comments (0) | trackbacks (0)