Top  HongKong

2007.03.12 Monday 00:30

空に近いところ-オープンスカイ2.0

オープンスカイ
ICC Online
滑り込みで行ってきました。(実は1回行った…休館日に…。)
『メーヴェを作る』──コンセプトを聞いただけであの場面やこの場面が甦ってきてドキドキしてきます。
メインはメー…あー、ごほん、M-02の実機ですが、あちこち仕掛けられたちょっとした遊びが楽しい。現場の雰囲気が伝わってくるようです。
ジェットエンジンでの飛行も近いというM-02は、思ったより大きくて、あれが自由に空を飛ぶ姿を想像すると今からわくわくします。

ついでにまわってみたICCの常設展示も面白かったなー。SF=すこし不思議なものに目がない人にお勧め。

トークイベント「ロケットまつりEX」も見てきました。
いつもはロフトプラスワンでやってるイベントなので、お客さんにもお酒を出せないかって一応ICCに言ってみたらしいですよ。おいおい…。
前半はロケットまつりの紹介や、一人乗り宇宙機の構想を紹介。後半は「小惑星住もう!」ってことで、小惑星を開発するメリットとか、どうやって行くか、など。
普通に(?)宇宙船で行くとしても、問題となるのが放射線。放射線を防ぐための物質もいっしょに打ち上げるとなるとたちまち非現実的な規模になってしまう。(アメリカの有人火星飛行もそれがネックになってるんだとか。)
じゃあいっそ、地球から打ち上げるのをやめて宇宙空間にあるものを使えばいいんじゃないか──というのが野田司令の案。いつもの調子でバリバリ説明してくれてすごく分かりやすかったんですが、スケールが途方もないので納得したようなさせられたような、狐につままれた気分でした。
や、でも、エライ人が「ぜひ国際会議で発表しろ」と言うくらいなんだから荒唐無稽というわけではない…んだよね…?

宮崎アニメ関連でこちらの記事も。
巨大羽ばたき飛行機の開発
オーニソプターが人を乗せて飛ぶ日ももうすぐやってくるかもしれません。
右往左往
author : 遠野 | comments (10) | trackbacks (0)